アートト

中村太一「bioaccumulation」展のご案内

中村太一『bioaccumulation』展

アートト・スクールの2018年度キュレーション・プラクティスコースにおいて制作した展覧会、中村太一「bioaccumulation」が、EARTH + GALLERYにて11月16日(金)から11月25日(日)まで開かれます。


東京オペラシティアートギャラリーのNプロジェクトやアルマス・ギャラリーでも同時期に展覧会を開催している中村太一は、今注目を集めるペインターです。タイトルの「bioaccumulation」は、生体内の蓄積や濃縮を意味します。産業の発展とともに人間が自然環境に与えた影響は、今、人間やその社会に対してどのように跳ね返ってきているのでしょうか。今展では、ドローイングを中心に、新作の絵画も発表します。見応えある展覧会にぜひご期待ください。

川が流れる郊外の街に育った中村は、「小さいころ、よく遊んだ川には奇形の魚がいた」と言います。
それが彼の原風景なのか、作品に描かれる風景や人や動物は、どれも奇妙で歪んでいます。
少し立ち止まって考えてみると、私たちの社会は、この100年足らずの間に、効率や生産性、利潤追求といった短期的な目標にしたがって、自然環境を変えてきたと言ってもいいでしょう。
その結果現れたのは、汚れた空や大地とそこで生きる人や動物なのかもしれません。
そして、そこには、さらなる汚染の予感や不安が漂っています。しかし、中村は、彼自身もそうした風景の一部であることを意識し、それを否定も肯定もせず、絵画やドローイングで表します。
さまざまなキャラクターが登場し、時にコミカルにも見える表現には、歪な世界で生きる人間に対する中村の温かみのある眼差しを感じ取ることができることでしょう。
地球温暖化や異常気象、大気・環境汚染などが次第に明るみになっている今、中村太一の新しい絵画やドローイングをとおして、この社会が来た道、そして行く道について思いを巡らせてみませんか?

【見どころ】
 • 東京オペラシティアートギャラリーのプロジェクトNとアルマス・ギャラリーとの同時期開催!
 • 展示空間をいっぱいに使った、ドローイングとペインティングによる展示は、必見!
 • ギャラリーでの滞在制作による新作絵画の発表!

【概要】
中村太一『bioaccumulation』展
会期:2018年11月16日(金)ー11月25日(日)
   土・日:11:00 ‒ 18:00
   水・木・金:17:00 ‒ 20:00
   休廊:月・火休
オープニング・レセプション:2018年11月6日(金)18:00ー20:00
                アーティストとキュレーターによるトークあり
会場:EARTH+ GALLERY(東京都江東区木場3-18-17 2F)
協力:アートト、アルマスギャラリー
※本展覧会企画は、「アートト・スクール」のキュレーション・プラクティスの一環で企画制作され、EARTH + GALLERYと共同で開催されます。

【お問い合わせ】
EARTH+ GALLERY
Tel::03-5809-9949 
担当:坂丸 sakamaru@earth-plus.com