アートト

視点のプール

レクチャー全18回
平日開講の場合:19:15-21:15
土日開講の場合:10:00-12:00/13:30-15:30/16:00-18:00

来るべき時代の先行指標ともなる現代アートを読み解くための、6つの視点18レクチャーです。
アーティストやキュレーター、専門家、研究者の知識と経験をたよりに、現代アートを巡る議論ついて多角的にアプローチします。
目に見えない現象や時代思潮を捉えようとするとき、あるいはこの時代で何かを生み出そうとするときのヒントがたくさん見つかるはずです。
※「視点のプール」のみの受講もできます。

視点のプール一覧

ユートピアへようこそ

 6月10日(土)16:00-18:00 美術館を持続可能にする方法 光岡寿郎
 6月17日(土)13:30-15:30 あり得たかもしれない世界のつくり方 和田昌宏
 7月19日(水)19:15-21:15 混沌とした世界をキュレーションする ロジャー・マクドナルド

アーティストが見ている世界

 7月15日(土)10:00-12:00 密やかな語りが世界を溶かすとき ミヤギフトシ
 9月16日(日)10:00-12:00 驚き+焦り+畏れ=アート? 小泉明郎
 10月21日(土)10:00-12:00 テクノロジーはアートをどう導く? 森弘治

アートを支える仕事

 6月3日(土)10:00-12:00 教育から学びの場へ 白木栄世
 7月8日(土)16:00-18:00 アートの鮮度をどう保つ? 有元利彦&須田真実
 9月9日(土)16:00-18:00 これは誰のもの?ーアートを巡る著作権 水野祐

身体とアート

 9月22日(金)19:15-21:15 身体をキュレーションする ロジャー・マクドナルド
 10月13日(金)19:15-21:15 オリンピックと変容する身体 小澤慶介
 11月11日(土)16:00-18:00 なぜ人は踊るのか、を哲学するとき 森元庸介

記憶とアートの政治学

 11月10日(金)19:15-21:15 「3.11」を巡る展覧会と記憶の質感 小澤慶介
 11月18日(土)10:00-12:00 共同体の明かされぬ記憶へ 藤井光
 12月2日(土)13:30-15:30 都市と記憶と演劇、の可能性 高山明

ここと世界の間に - 地域とアートの関係性

 9月30日(土)10:00-12:00 地域社会とアートの20年 小澤慶介
 11月24日(金)19:15-21:15 清澄白河から札幌、その先へ 藪前知子
 12月8日(金)19:15-21:15 地域社会を巡るアートの地下水脈 小澤慶介

スクールお申し込み方法

件名を「スクール申込」とし、申込種別番号、住所、氏名、年齢、電話番号をご記入の上、school@artto.jpまでメールをお送りください。FAXにてお申し込みをご希望の方は、お問い合わせください。受付後、お振込と受講に関するご案内をメールでお知らせいたします。原則として、お申し込み完了後の変更、キャンセルおよび返金は受け付けておりません。あらかじめご了承ください。

受講方法/受講料はこちらから