アートト

アートト スクール
2016年に清澄白河ではじまった現代アートの学校です。
現代アートは、「今」だけではなく「これから」を映し出す鏡のようなものといってもいいでしょう。
作品を生み出すアーティストや展覧会を作るキュレーター、また作品を流通させるギャラリストなどと共に、アートが、そして社会がどこに向かおうとしているのかについて語り合い、考えてみませんか?
3年目となる2018年度は、5つの基礎コースと、キーワードをとおして現代アートを読み解いてゆく視点のプールの26レクチャーを開講します。

お知らせ

・現代アートの学校「アートトスクール」は、現在受講生を募集中。
4月20日(金)、5月11日(金)、5月12日(土)には、無料の説明会があります。

・現代アートの学校「アートト・スクール」の様子を、江東区の情報誌「ことみせ」に取材していただきました。

・1年前に開催された「MOTサテライト 2017春 往来往来」。フェロー・プロジェクトとしてアートトが関わった、MOTサテライト アーカイ部の記録が出来ました。

・アートトFacebookはこちらです。ご覧ください。

アートト スクール

現代アートの基礎を学べる5コース

キュレーション・プラクティス(CP)
展覧会づくりについて学びたい方におすすめ
アート・ヒストリー(AH)
現代アートに至るまでの、過去200年の美術史を知りたい方におすすめ
オーディエンス(Au)
アートを仕事にしたい、今のアート界について知りたい方におすすめ
アーティスト(Ar)
時代や社会と関わりながら作品づくりをしている方で、次の展開を探っている方におすすめ

視点のプール 現代アートを深めるレクチャー

現代アートを巡る現場の声、研究者の視点で、現代アートを読み解きます。

オールラウンダー/セミ・オールラウンダー

現代アートへの近道です。オールラウンダーはアドヴァンスト・アーティストを除く68レクチャーを、セミ・オールラウンダーはアーティストとアドヴァンスト・アーティストを除く56レクチャーを受講することができます。アートの歴史や理論だけではなく、アート界に関する知識、展覧会づくりにおける創意や技術、また近年国内外で議論されているアートの現象や動向、理論などについて網羅的に学びます。

ゲスト講師一覧はこちら

カレンダー

アクセス

〒135-0005 東京都江東区高橋7-5 酒井ビル2F
都営地下鉄大江戸線、東京メトロ半蔵門線清澄白河駅:A2出口から徒歩4分
都営地下鉄新宿線、大江戸線森下駅:A6出口から徒歩5分

小澤慶介(アートト代表、インディペンデント・キュレーター)

1971年生まれ。ロンドン大学ゴールドスミスカレッジにて現代美術理論修士課程修了。東京・代官山のNPO法人AIT(エイト)にて、2001年から15年間、現代アートの講座MAD(Making Art Different)のプログラムづくりに携わり、講義も行った。近年では、「十和田奥入瀬芸術祭 SURVIVE この惑星の時間旅行へ」(十和田市現代美術館ほか、2013年)をはじめ、数々の展覧会を手がけている。「六本木クロッシング2016展 僕の身体、あなたの声」(森美術館、2016年)では、共同キュレーターを、また「富士の山ビエンナーレ2016 フジヤマ・タイムマシン」ではディレクターを務めた。現在、現代アートの芸術賞であるAsian Art Awardディレクターおよび法政大学非常勤講師を兼務している。